継承語として学ぶ【こども日本語教室】(Torrance校のみ)

お子さんの日本語学習継続を 悩んでいる親御さんに

年、海外で長期滞在をする日本人、永住をする日本人の数は増えています。海外で暮らすにあたりこどもの日本語学習の必要性について悩まれている親御さんも多いと思います。「うちは永住組みで日本に帰ることはないから日本語は要らな。」のような考え方は将来のお子さんの可能性を狭めてしまっている気はしませんか?ローバル化がより一層進むこの時代は、英語+その他の言語を話せることが今以上に必要になってきます。また、子供がきちんとした日本語を話せないことは日本語を母語として生活をする親にとって家族間のコミュニケーションにも影響を与えてしまいます。

 日本語しか話せない親と英語でしか自分の言いたいことがきちんと伝えられない子供では、お互いのコミュニケーションが上手く成立たず、お互いが孤独感を感じることになります

 

補習校・日本語学校の違い

ここLAには数多くの日本語学校がありますが、そのほとんどが【補習校】と【現地人向けの日本語学校】の二つに分けられます。どちらも【日本語】を教える学校ではありますが、内容が異なります。

 

補習校

 補習校の授業はあくまで「日本に帰る子供たちが、日本の学校での勉強についていけるようにする」事を目的としたクラスです。1日の授業学習内容も多く国語以外の教科の学習も必要なため、子供たちの負担もかなり多くなり継続が難しくなります。

現地人向けの日本語学校

 学校や現地人向けの日本語クラスは、日本語を第2外国語として学ぶ人のためのクラスです(ESLのクラスのようなものですね)。このクラスは、日本語を「母語としない」人を対象としているため、英語と日本語のバイリンガル環境で育つ子供たちには内容がやさしすぎる場合があります。また、バイリンガル環境で育つ子供たちは、成長するにつれ英語環境での生活が長くなり英語でのコミュニケーションの方が楽に感じるようになるため、せっかく日本語の補習校に通っていてもクラスメイトとの会話は英語になってしまいがちになります。

 

継承語として日本語を学習する

 継承語(Heritage Language)とは親から受け継ぐ言葉、そして「第2の母語」と言えます。英語圏生活する供たちにとって両親共に日本人であれ、片親だけが日本人であれ、彼らの生活は英語と日本語のバイリンガル環境になります。学校入学前は日本語で難なく生活をしていた子供も、教育機関入学後、英語に触れる機会が増えることで幼少期に得た日本語力は何もしなければどんどん低下していきます。そして、その時の対応で今まで母語として自然に身に付けていた日本語を維持させるかそれともそのまま消滅させてしまうかが決まります。

 英語だけでなく日本語を継承語として学ぶことは子供にとって大きなメリットがあります。

• 家庭のコミュニケーションが豊かになる。両親が話す言葉をきちんとマスターすることで、お互いの意思疎通がスムーズに行なわれるため親子間の会話がより楽しいものになります。
• 日本に住む祖父母や親戚との会話に困らない。
• 将来の可能性が広がる。グローバルな現代社会では、多言語に対応できる人材はとても価値があります。

 英語圏で継承語として日本語を学ぶことは、時間と努力とそして親や周りの理解とサポートが不可欠であり、早い段階から始めることが大切です

 

補習校とBYB継承語としてのこども日本語教室の違い

 BYBでは「日本語の家庭環境にいる永住・長期滞在組みの子供たち向けの日本語教室はないですか?」と言う生徒さんの言葉にヒントを受け、補習校でもなく現地人向けの語学学校でもない、日本語を【継承語】として学んでいく子供たちのためのクラスを開講しました。

継承日本語クラスでは、各お子さんの現在の日本語能力と環境に合わせたBYB独自の継承日本語教育カリキュラムで、子供たちが普段家庭などで使う生活に必要な言葉「生活言語」を基盤とし、学習場面で必要となる文章を理解したり伝えたいことを文章にする際に使う言葉「学習言語」の習得を目指します。また、カリキュラムでは日本文化についても総合的に取り入れて行ないます。

 

コース詳細

ここロサンゼルスには、家庭では日本語で会話をしていても読み書きが苦手なお子さんや、日英家庭で、なかなか日本語に触れる機会が少なく日本語を話すことも読み書きも苦手なお子さんがたくさんいらっしゃいます。 こどもたちの日本語力は育つ環境に強く影響され実に様々です。

 小さい頃は日本語を話し、簡単なひらがな・カタカナは読めていたのに、学校が始まり英語比率が圧倒的に多くなることで 日本語能力が低下してしまう子供たちが少なくありません。 特に、日本語の読み書き、漢字習得レベルは、日本で国語教育を受けている子供達と比べて大きな差がついてしまいます。 子供の日本語力能力を向上・維持させるには、家庭以外の場でも日本語と触れ合う機会を多く設ける必要があります。

 日本以外の国での生活を経験し、英語を習得し、更に日本語で会話・読み書きが出来ることは子供たちの将来の可能性を広げます。当クラスは英語環境の中で生活をする子供達の日本語能力向上・維持のサポートを目的としたクラスです。

【話す】【聞く】【読む】【書く】4つの技能をそれぞれの日本語レベル・学齢に合わせて、経験豊富な講師と一緒にゲームや絵等を 使いながらじっくり時間をかけて楽しくバランスよく学習します。

 

 

受講生は随時募集中です!!

受講料

Lesson Hour Total Price Price/Hour Expiration Date
1HR $44.00 $44.00 N/A
20HR $860.00 $43.00 7 months

入会金

教材

対象

 

目標

 

その他

$100.00

日本の国語の教科書とJYLにより開発された教材を併用します。

日本語環境が家庭にある子どもたち。

5歳以上12歳までの子供達。

コース終了までに、日本語の知識と運用能力を測定する日本語検定5級合格レベルの日本語力(小学校高学年レベルの日本語力)を目指します。

日本語を第二外国語として学習するJSL (Japanese as a Second Language)コースは、5歳から大人まで幅広い年齢層を対象として開講中です。

お気軽にお問い合わせ下さい。info@bybgroup.com


担当講師

日本の国語教師教員免許保持者。大学院では継承日本語話者の読み書き能力の日英比較と発達の関係をバイリンガル教育の視点より研究し、多くのバイリンガルキッズ育成に携わった経験を持つベテランの女性講師が担当します。


お問い合わせ・お申し込み

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


BYB ENGLISH CENTER

Monday - Friday 8:00AM-11:00PM (Office Hour: 8:00AM-8:00PM)

Saturday 8:00AM-5:00PM (Office Hour: 8:00AM-2:00PM)

Closed on Sunday, Major Holidays

トーランス校

18183 Van Ness Ave. Torrance, CA 90504

Tel: (310) 715-1905

Fax: (310) 715-1031

Email: info@bybgroup.com

アーバイン校

17777 Main St. Suite E2 Irvine, CA 92614

Tel: (949) 333-3232 / (949) 527-2907

Email: bybirvine@bybgroup.com